さて、いよいよ新年度の始まりです。かわいいかわいいお友達、新年少さんが自然幼稚園の仲間に加わります。親から離れての初めての集団生活。子ども以上にドキドキしてるお母さんも多いのでは!?

今回は、そんなお母さん方のために、先輩お母さんに入園当時の不安や悩みを思い出し、語っていただきました。

Aさん: 一児の母 女の子(年中)
Bさん: 三児の母 男の子(四年生)女の子(二年生)男の子(年長)
Cさん: 二児の母 男の子(二年生、年中)
Dさん: 二児の母 女の子(三年生)男の子(年長)

―入園当初、一番心配だったことはなんですか?―
トイレができるか心配やったわ。まず、トイレに行きたいって言えるかなって、もうそこから心配。おろしたズボンに全部かかっちゃうんじゃないかとか…。
うちもトイレ心配やった!引っ込み思案やし、おしっこ行きたいとか、簡単なことも先生に言えないで我慢してもらしてないか…とかね。(全員心当たりがあるようす。うんうんとうなずく一同)
それに、そんな性格やし、友達の輪に入れてるか心配やったわ・・・。入園まであんまり他の子どもと交流することがなかったし、協調性とか大丈夫かな?順番待つとかできるんやろか?とにかくお友達との関係が気になって気になって。
上の子は、入園前から近所のお友達と遊んでるようすとかみてても、けっこううまくやってたし、友達関係はそんなに心配はしてなかったけど、ちゃっかりしてる感じがもしかして「可愛くない」って思われへんかな、先生に嫌われないかなって、そこがちょっと不安やったわ。
へぇ~、おとなしくてもしっかりしてても、どっちにしろ悩みはあるもんやね(笑)
下の子のときはどうやったん?
もう、「元気で楽しんでくれたらいいわ」って、気楽なもんやったわ(笑)上の子のときは、先生や他のお母さんの目とか、周囲を気にしすぎてたかな。ちょっと先生に言われたこととか、必要以上に厳しく子どもに言って直させようとしたり。私自身が初めての体験で、今思えばすごく気負ってたと思う。下のときは自分なりの子育てとか園生活への考えも出来てて、慣れもあったし気負いもなくイケたわ。まぁ、図太くなっただけかもしれんけど(笑)

私は下の方が大変やったわ。念願の男の子で、とにかく可愛くて可愛くて、幼稚園行かすの嫌やったもん。私が寂しくて(爆笑)私がなんでもやったげてたから、お箸も持てへんかったんよ。幼稚園で自分ができないことで傷ついてたらどないしょー!って。実際、最初の一ヶ月は親も子も泣いて暮らしたわ。けど、だんだん先生のことが好きになって、幼稚園で遊ぶことの方が楽しくなって、結局私は捨てられたわ~(><)(大爆笑)二年保育で年中から行かせようかって、申し込みの直前まで迷ってたけど、園での一年間を見てたら、こんなこと家では経験させてあげられへんなぁってことが沢山あった。う~ん、悔しいが負けた!やっぱり年少から行かせてよかったって思う。
―みなさん、それぞれ不安があったようですが、過去形で語られてますね。心配事は解消しましたか?―
しつこくトイレの話やけど・・・(笑)先生のご指導(?)もあってか、すぐに上手になったわ。失敗もあったけど、濡れたパンツがリュックに入ってても、本人は別に落ち込んだりしてへんかったし。
例えば和式でも平気だと便利だよね。どこに出かけても大丈夫やし。遠足とか。
たとえボットンでもね!(爆笑)
園では、言いたいことが自分から言えるように上手に教えてくれるよね。言えるまで「待つ」ということを気長にしてくれる。「自分で言う」ってことの大切さを重んじて、一年でも二年でもかけてそれを育ててくれる。家ではなかなか出来ないことやわ。どうしても先回りして親が言ってしまったり、急かして萎縮させちゃったりね。協調性も、他の子とのかかわりの中で、自然に学んだみたい。こんなことはダメってことも、先生が辛抱強く教えてくれるし、時間がかかっても最後には分かる。

園で自分で育てた野菜を食べるでしょ。好き嫌いが多いし、ひとり食べれへんくて困ってるんじゃないかと思ってたけど、自分が手を掛けたものにはやっぱり思いいれがあるんやね。野菜嫌いも克服してきてるわ。
みんなで食べるってものあるよね。勢いで食べたら美味しかったとか。
結局、自分が居ないとこで子どもが困ってたり、傷ついてたらどうしようってことが一番の心配なんよね。ツライときや怖いときにすぐ抱っこしてあげられないし、すごく寂しい思いをしてるんじゃないかと思うと切なくて・・・。 (一同、しみじみとうなずく)
けど、子どもは意外とすぐに順応するよね。
うん。だんだん先生を頼りにするようになって、それから友達との遊びが楽しくなって。
最初は迎えに行くと、抱きついて離れへんかったのに、そのうち「帰らへん!まだ遊ぶ!」って友達のとこに走って行くようになって…。
ほっとするような、寂しいような・・・やね。
―お子さんの心配ばかりですが、ご自身のことで不安はなかったですか?―
初めての幼稚園で、知ってる人がぜんぜんいなくて、最初は園に来ても緊張して居心地悪かった!
わかるわかる!周りのお母さん達が親しそうに喋ってると、自分だけ浮いてるみたいな気がしてね。
私はお歩きやし、毎日見て顔を覚えたお母さんにどんどん話しかけたわ。同じようによく一人でいるお母さんには「一人目さんですか?私もなんですよー。」とか言って不安なこととか話したり、ベテランっぽいお母さんには行事のこととかわからないことを聞いたり。
わたしはバスやし、行事で園に来たときに話しかけてくてれたお母さんとかに、次に会ったときこちらから話かけたりして仲良くなったわ。最初はお互い様子伺いみたいな感じもあって正直疲れることもあるけど、何回も顔を合わすうちに自然に打ち解けるよね。
それで今は幼稚園の主みたいにドーンとしてんねや。(爆笑)
みんな同じ「おかあさん」だもんね。子どもの話ならまず間違いなく盛り上がれる(笑)ママ仲間をつくって悩みや不安を分かちあえることも園生活のいいところかな。
―最後に、新入園児の保護者の方にメッセージをお願いします。―
最初は親も子も不安で当たり前。けど、そのうち「何が心配だったけ?」というくらいになります。安心してください。
こちらが先生方の名前を覚えるより早く、園児全員の名前を覚えちゃうくらい「子どもたちが大好き!」の先生たちです。心配なことはどんどん相談して。
とくにバスとか電車通園の方は、行事に積極的に参加するといいですよ。園での子どもの様子もわかるし、先生ともお話できるし。
友達も出来るしね。とにかく、お母さん自身が園生活を楽しむことかな。子どもにとってもそれが一番!
―今日はみなさんありがとうございました。―

先輩お母さん方の体験は参考になりましたか?このページは保護者の不安や悩み、疑問解消に役立つ保護者が作る、保護者のためのおしゃべりコーナーです。「こんなテーマで語って欲しい」「私も一緒におしゃべりしたい」などなど、

ご意見・ご要望等ございましたら、どんどんお寄せください。